スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北教組幹部ら、来月初公判=小林氏陣営の違法献金事件-札幌地裁(時事通信)

 北海道教職員組合(北教組)の違法献金事件で、札幌地裁は21日までに、いずれも政治資金規正法違反罪で起訴された民主党の小林千代美衆院議員(41)=北海道5区=陣営の会計担当木村美智留被告(46)の初公判を来月18日に、北教組委員長代理の長田秀樹被告(50)の初公判を同19日にそれぞれ決定した。
 木村被告側は21日の公判前整理手続きで、2008年12月~09年7月に北教組から計1600万円を選挙資金として受領したなどとする起訴内容を争わない方針を示した。長田被告は同日保釈された。 

【関連ニュース】
検察審、近く議決へ=小沢氏不起訴の当否判断
首相元秘書「心からおわび」=起訴内容認め謝罪
鳩山首相元秘書、29日に初公判=起訴内容認め、即日結審へ
北教組事件の起訴「極めて遺憾」=文科相
北教組事件で2人起訴=民主・小林議員は辞職否定

「確かに私は、愚かな総理かもしれません」(読売新聞)
「自民に金貸して」 詐欺容疑で男逮捕 兵庫県警(産経新聞)
がん疼痛治療貼付剤の製造販売承認を取得―久光製薬(医療介護CBニュース)
成田貨物機炎上 原因は異常操作と「ウインドシア」警報(毎日新聞)
大阪市の虐待通報、前年度比の1・5倍に 児相の人手不足深刻(産経新聞)

地元・米の合意得る…首相「決着」へ決意表明(読売新聞)

 鳩山首相は15日朝、沖縄の米軍普天間飛行場移設問題で自ら公約した「5月末決着」について、米国と、移設先の地元自治体の双方の合意を得た形で移設先を決めることだとの考えを改めて明言した。

 首相公邸前で記者団に述べた。

 首相は記者団に「『5月末決着』とは、米国と地元の合意を得られた唯一の案が発表されることか」と問われ、「決着は決着だから、その通りだ。『これで行こう』という方向が(米国、地元ともに)互いに認められた状況を何としても作りたい。オバマ米大統領にも直接協力を求めた」と述べた。大統領の反応については、「感触は感触だ」と述べるにとどめた。

 沖縄での「県内移設」を軸に鹿児島県・徳之島へのヘリ部隊移転などを組み合わせる政府案に対し、米国と地元は極めて否定的で、5月末までの合意形成はほぼ絶望的となっており、「首相は退路を断った」との見方が出そうだ。

 これに対し、平野官房長官は15日午前の記者会見で、「『(米国や地元の)合意』の解釈には幅がある。5月末までに技術的な詳細も含めて全部終わっていなければ合意や理解でない、という認識には立たない」と述べ、首相の主張するような「決着」を5月末までに実現するのは難しいとの考えを示唆した。

<被爆マリア像>欧米の巡回展示へ…長崎を出発(毎日新聞)
日本人の米国留学 10年で4割減少の理由(J-CASTニュース)
首相動静(4月19日)(時事通信)
宮崎の和牛3頭、口蹄疫感染の疑い(読売新聞)
有床診入基料の施設基準に係る届け出期限、26日まで延長―厚労省(医療介護CBニュース)

<天皇陛下>皇居の苗代に種もみまく(毎日新聞)

 天皇陛下は13日、皇居内の苗代に稲の種もみをまいた。うるち米「ニホンマサリ」と、もち米「マンゲツモチ」の種もみを1区画に約150粒ずつ、計20区画にまいた。

ホワイトビーチ案断念=普天間移設、徳之島が軸に-政府(時事通信)
元明石署副署長を聴取=歩道橋事故で指定弁護士-兵庫(時事通信)
貸倉庫殺人 不明男女3人を愛知県内で捜索 長野県警(毎日新聞)
パトカー衝突事故で女性が骨折 群馬県藤岡市(産経新聞)
男児ポルノ、元被害者の少年4人が撮影加担(読売新聞)

<掘り出しニュース>美濃焼「志野」の釉薬、鉱山見つかる(毎日新聞)

 【岐阜】土岐市土岐津町土岐口の土岐川左岸に面した山中で、桃山時代に生まれた美濃焼の「志野」に使われた釉薬(ゆうやく)で、純度の高い「カリ長石」の鉱山が見つかった。明治初期ごろまで採掘が行われていたとみられる。陶芸家で、県陶磁資料館の専門委員を務める高木典利さん(61)=多治見市市之倉町=が発見したもので、9日、山を所有する土岐口財産区の職員らが立ち会って現地確認が行われた。美濃焼のルーツを証明する貴重な発見になりそうだ。【小林哲夫】

 高木さんは、明治時代に調査された「日本近世窯業史」に「高田窯(現・多治見市高田町)で、陶器に久尻村深沢(現・土岐川)の釉石(くすりいし)=長石=を使った」という趣旨の記述があることから独自に調査を開始。当時の鉱山地図や資料がないため土岐川周辺をくまなく歩き、川に面した山中にガラスのような光沢のある長石群と採掘場跡を発見した。

 鉱山の入り口は3カ所あり、うち2カ所は高さ約70センチ、他の1カ所は約40センチだったが、内部は高さ約3メートル、幅・奥行き各約20メートルの空間が2カ所あり、通路で結ばれていた。入り口は崩落や洪水による土砂の堆積(たいせき)で狭くなったらしい。東端入り口のコンクリートの柱は明治初期に建てられたとみられることから、少なくともこのころまでは採掘されていたとみられる。

 採取した鉱石を土岐市埋蔵文化センターなどで分析した結果、他地区の長石の2~3倍に当たる12%前後の酸化カリウム(K2O)を含む純度の高いカリ長石と分かった。カリ長石を釉薬にすると陶器の表面に光沢が生まれるという。

 桃山の元屋敷窯(土岐市)、中窯(可児市)、大平窯(同)で作られた志野も同じ成分のカリ長石を使用していたとみられる。カリ長石は産出鉱山が少なく、今回見つかった鉱山産出のカリ長石が使われていた可能性が高いという。

 現地は土岐市の土岐口財産区の一画。挟み込むようにダムや水路があったため、長い間近寄ることもできなかったという。また激流と断崖が続く危険な場所にあるため現在も立ち入り禁止区域。高木さんは「カリ長石はかつてはあっただろうが、今はないと語られてきた。ここに大量のカリ長石があることが分かり、何らかの形で保存・管理してほしい。このカリ長石を使って志野を作ることができれば」と期待を込めて話している。

==============

 ■ことば=志野焼

 人間国宝の荒川豊蔵(1894~1985)が1930年、可児市大萱牟田洞の古窯跡で志野焼の陶片を発掘、安土桃山時代に創作された志野焼が愛知県瀬戸市ではなく、美濃で制作されたことを証明した。志野は長石を砕いて精製した白釉を厚くかけて焼き、ぽっこりとした風合いの陶器。赤志野、鼠志野などの種類がある。

【私も言いたい】子ども手当「必要ない」8割超す(産経新聞)
<皇室>愛子さま、学習院初等科3年に進級 始業式は欠席(毎日新聞)
普天間「八方ふさがり」…首相責任論、不可避に(読売新聞)
【私も言いたい】子ども手当「必要ない」8割超す(産経新聞)
<ビアガーデン>「寒いけど」満喫 松本で早くもオープン 長野(毎日新聞)

末梢血移植、非血縁者間も=ドナー負担軽く-骨髄財団方針(時事通信)

 健康な人の血液に含まれる造血幹細胞を白血病患者に移植する「末梢(まっしょう)血移植」について、骨髄移植推進財団は8日までに、現在の血縁者間から非血縁者間に拡大する方針を固めた。既に厚生労働省に計画を提出しており、承認されれば10月から段階的に開始する。
 末梢血移植は、全身麻酔をかけて骨盤から骨髄を採取する骨髄移植よりも提供者(ドナー)の負担が軽く、海外では一般的。国内では2002年、幹細胞を増やす薬を投与されたドナーが急性骨髄性白血病を発症して死亡したため、薬の安全性に懸念が生じ、血縁者間に限定している。
 その後、厚労省研究班などが血縁者間移植のドナーを追跡調査し、データを収集。この結果、薬と死亡との因果関係はないと結論付けられた。
 計画では、初年度は5~10施設に限定した上、過去に提供経験のあるドナーに限って実施。年内に1、2件程度を想定している。来年は15~20件程度、5年後以降は約160施設で現在の骨髄移植並みの年間1200件程度の移植を目指す。 

【関連ニュース】
〔写真特集〕ミクロの世界
警察のDNA型鑑定システム増強=ライフテクノロジーズジャパン〔BW〕
「5年以内にiPSバンクを」=山中教授、再生医療学会で
精子になりかけても逆戻り=精巣の幹細胞数を維持
幹細胞で歯茎再生=培養・移植で成功

ラーメン店主、落とし物届け出中に店から出火(読売新聞)
元看護師を再逮捕、患者の肋骨11本折る(読売新聞)
公務員法改正案、衆院で審議入り(産経新聞)
民主党の小沢幹事長にまつわる忖度政治の代償(産経新聞)
<自民>子ども手当「不要」 逆・事業仕分け始める (毎日新聞)
プロフィール

ミスターとしはるきたやま

Author:ミスターとしはるきたやま
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。